ワイングラスの選び方。

そのワインに秘められた、香り・味わいを引き出すために。

価なワインでも、酸味や苦みだけを強く感じ、残念な結果に終ってしまうことがあります。また、安価なワインなのに、豊かな香り、味わいを堪能できることもあります。この2つに共通しているのは「ワイングラスをどう選ぶか」。
そう、ワインは、ワイングラスのことを知っているかで決まるのです。

 

ワイングラスの名称

ワイングラスの名称と部分についてご説明しましょう。

リム/ 唇が直接触れる部分。
ワインの味を決める場所といえます。リムの直径がより小さい方が、ワインの香りを長く、ボウルの内部にとどめておくことができます。
ボウル(ボール)/ ワインを入れる部分。
ワインの香りを左右する大事な部分でもあります。ボウルの高さと広さ、カーブの具合によってワインの香りが変わります。
ステム/ 手でグラスを持つ部分。
ステムが長いほど手の温度がワインに影響を与えず、ワインの色を観察するときも、手元が邪魔になりません。
プレート(フット)/グラスを支える部分。
テイスティングのとき、こちらを持って香りを嗅ぐことがあります。

グラスからワインを口に運ぶとき、どれくらいの量のワインが、どのような速さで流れ込めば、美味しく味わえるか。

様々な計算、幾度にわたる試行により、グラスは設計されています。

ワイングラスから、ワインの世界を知る。そんな出会い方があっても、良いのかもしれません。

 

ボウル曲線の秘密

リムからボウルの一番膨らんでいる部分にかけての曲線は、口にワインを注ぐときの量と味わいをコントロールします。

ボウルの一番膨らんでいる部分から底にかけての曲線は、ワインの香りを豊かにさせる大事なラインです。

Page Top